「続続:人の採用について」〜置手紙〜 | 【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「続続:人の採用について」〜置手紙〜

2018/11/21 14:14:32 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、オマエサン。

現在、採用を進めていることは以前書いた。

■人の採用について
http://imaginac.jp/blog-entry-2155.html

■続:人の採用について
http://imaginac.jp/blog-entry-2166.html

停滞した採用を加速させる為に新規導入したサービスからまだ1週間。
結果、明日の木曜日と週明けの月曜日の二日間で12名の面接確定。
特に月曜日は8名。朝から晩までずっと面接予定。

ここまで従来と比べて初動が違うとは。
やはり初期費用が結構かかるのと、求職者側も費用がかかるので反応が良い。

大体、年齢は私よりもやや高めで、経験もある。現収入もだが。。。

しかし、前回述べた通りだ。

今回の人材は、私の指揮下に入るが、私より優秀な人材を投入するつもり。
結果、私のポジションが無くなったり、下ろされても全く構わない。
やはり、組織の発展には「新陳代謝」や「バトンパス」が必要。
何も貢献できなくなれば、それはお役御免ということなのだろう。
自身がボトルネックにはなりたくない。

私はどちらかというとスタートアップの組織を調整していくのが向いているかも。

まあ、私のことはいい。
その時のことはその時考えよう。

面接・面談では、根掘り葉掘り聞くよりも話すことを重視するつもり。
何者であって、何処に進むのか、その為に何をして欲しいか。
プロジェクター使って効率的に進めないと一時間に収まらないだろう。

ただし、選んでもらえるか、そして選んでもらっても続くかは別問題。
これは切り分けて考える必要がある。

同じことの説明が重なるが、楽しみにしている。

写真は本文と関係ない。
先日の宿泊時に家でお留守番しているごんたさんの写真。
wifiカメラで遠隔撮影。
目がピカピカぞよ。

ありがとう。

IMG_6761.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する