「続:人の採用について」〜置手紙〜 | 【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「続:人の採用について」〜置手紙〜

2018/11/15 13:30:15 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、オマエサン。

先日、採用について書いた。

【当時の置手紙】
http://imaginac.jp/blog-entry-2155.html

今週からこの苦戦中の採用を加速する仕掛けをしている。
とはいうものの、とあるサービスを新規導入しただけだが。

それまでと比較し、密度というか濃度が高いスタートだ。
早速、対応に追われる。

よくCMでも目にするサービスである。

やはりアプローチしたかった人達が探しやすい。
年齢も高めで実績を積んでいる人が多い。
それらをすくい上げてアプローチする方法も便利で効率的。

初期費用がある程度かかるし、原則、待ちではなく自分から攻めねばならない。
それでも使われているというのが、理解できるスタートだ。
職を求める方も費用がかかるのでガチ度が高い。

しかし、自社を選んでもらえるとは限らない。
そして、選んでもらっても続くとも限らない。

サービスは良くても自社には課題は多い。

今回は自分よりも優秀な人を投入したいと思っている。
そんな人はたくさんいるのだが、選んでもらうのは別問題。
自分のポジションがそれで下がっても私は全く構わない。
極端に言えば、自分が不要にされる流れになっても構わない。
組織の発展とはそういうものだ。

しかし、そういう人を迎えるには出来るだけ会社と職務の説明が必要だ。
面接でもプロジェクターを駆使し、しっかりと理解してもらうつもり。
外から実態がほぼ見えない会社である。
出来るだけクリアにして、互いが不幸になるようなミスマッチも防ぎたい。

ありがとう。

IMG_6692.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する