「昨晩」~置手紙~ | 【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「昨晩」~置手紙~

2018/10/28 13:14:41 | 置き手紙 | コメント:0件

「昨晩」~置手紙~

なあ、オマエサン。

昨晩は友人とディナー。

週末に家族以外と過ごすのは久しぶり。

昔からの付き合いぞよ。
人の話を聞き、自分も話しながら己を再確認。

結局、自分の仕事の武器?はごくわずか。

・多少の日中ビジネス経験と知識
・多少のコーディネート(ネゴシエート)経験

これだけ。

いわゆる「営業」「企画」「開発」「管理」などという職種には分類されずらい曖昧な経験。

プロジェクトマネージメントでもなければ純たるコンサルティングでもない。
会社の名前にはコンサルティングと付いているものの。

だからこの武器が有効な環境はかなり限られる。

今が有効な環境だと言いたいのではない。
何が言いたいのかと言うと、背伸びせず、大きく見せずに出来ることをやって飯を食べるだけ。

お互いに過大評価の関係はやがて破綻する。
やりたいことではなく、やれることをやるだけだ。
もちろん、それで生まれた喜びや新たな価値観は否定しない。
純粋に受け入れる。
その積み重ねがやり甲斐なのかもしれない。
結果的に。

なるほどね。

ありがとう。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する