「夏の終わりの花火」~置手紙~ | 【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「夏の終わりの花火」~置手紙~

2018/09/16 21:20:09 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、オマエサン。

今年初めての花火は夏の終わりの花火。

大きく大輪の花火も綺麗だ。
だけど次々にちりじりと小さく咲く花火が好きだ。

人生も似たような所がある。

一発派手に大きく咲くと大きな瞬間的に幸福感に包まれる。
だけどすぐに滲んで消えゆく。

小さな花火が次々と消えては咲く様は、日常の小さな幸せを大切にする事と通じるものがある。
もちろんそれもやがて滲んで無くなる。

個人的な感覚だが、後者の方が好きだ。
何かを成し遂げても乗り越えても、また目標や課題が生まれる。
生きている間にゴールはないよね。

だったら、大きく大輪を狙うよりは、小さくたくさん咲きたい。

大輪を目指す余り、小さく咲けることを忘れないようにしたい。

日常には、身近には小さな幸せな種がたくさんある。

ありがとう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する