「授業参観と仕事」~置手紙~ | 【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「授業参観と仕事」~置手紙~

2018/04/21 12:16:03 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、オマエサン。

今日は土曜参観日。

教室で動くオマエサン。
よく学び遊び食べて大きくなってね。

教師は大変だろう。
私も小学校の教員の免許を持っている。
もちろん、そうなりたかったからだ。
結果的に今は全く違うことをしているが。

ずっと向いていると思っていた。
でも、そうではないかもしれない。
様々な人間関係の中で、更に子供と向き合う。
そりゃ大変だ。
私の仕事とて大変ではあるが、ある程度自分で動ける。
稼ぐためにと歯をくいしばることも出来る。
限度はあるけど(苦笑)

単純に比較できるものでは決してない。
ただ、教師は使命感とモチベーションが揃ってないと難しいのだろう。
ただ、生活のためと割り切れそうにない。

それにしても、子供たちを見ていると表情が緩む。
彼らなりに悩みも課題もあるだろう。
だけど、物事に対して純粋であるように思える。
自分もそうだったのだろう。
今は良くも悪くもフィルターがけて見てしまう。

今日は、地元でプチ同窓会もあるとのこと。
東京にいる私は参加出来ない。
少し古い「砂時計」というドラマを動画で見ている。
私の田舎が舞台にもなっている。
主人公は小学校の先生になりたいという。
私も彼ほど純粋ではないが同じじゃないか。
地元の大学の名前も出てくるこのドラマ。
ノスタルジックぞよ。

小学校。参観日。

もっと物事をシンプルに考えたいと思ったぞよ。
深呼吸。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する