「アモイに思いを馳せて」~置手紙~ | 【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「アモイに思いを馳せて」~置手紙~

2017/10/12 23:16:46 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、オマエサン。

今の自分の礎。
それは中国に携わったこと。
その始まりはもう15年以上前になる。

それまで全く興味がなかった国での生活。
月の半分が中国は福建省アモイ(Xiamen)。
月のもう半分が東京での生活。
行ったり来たりの変則滞在を五年ほど繰り返した。

結局、僕は今もこうして中国の仕事で飯を食べている。

途中、中国以外の仕事で散々痛い目にあってきた。
本来のエンタメを生業とすることに限界も感じた。

結局、僕は今もこうして中国の仕事で飯を食べている。

当時のアモイで関わった人達に感謝。
そのきっかけを作ってくれた当時の会社にも感謝。
そして、今新しく出会っている人達にも感謝。

お酒は飲んでないが、ちとおセンチな気分ぞよ。
今は上海ばっかり行っているけど、原点はアモイ。

写真は当時アモイのアパートの写真と街の写真。

結局、僕は今もこうして中国の仕事で飯を食べている。

感謝ぞよ!
あとは趣味で創作が当たってくれれば言うことなし!

22366338_1670771729662101_918931056029783996_n.jpg

22448582_1670771926328748_1318872517659614573_n.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する