【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「じいじとばあばの田舎にて」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/29 18:06:24 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩じいじとばあばがいる田舎に来たね。しばし、普段の置手紙も筆を置いてゆっくりしよう。単発のモブログ写真投稿以外は。海と島と山をバックにゴーカイポーズを決めるオマエサン。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「流れの中で、我を保とう」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/27 23:05:32 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩流れの中で、我を保とう。色々あるが、すべてあるがまま。ひとつひとつ。ひとつひとつだ。兜を出した。被って剣も持って上機嫌なオマエサン。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「自分のペースをしっかり作ろう」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/26 22:14:00 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩一部、流れが始まる。もう何度もくぐり抜けてきた。自分のペースをしっかり作ろう。疲れちゃうから。利用できるものはしっかり利用して。ひとつひとつ。歩んで休んで。連続しているように思えるだろう。でも、ひとつひとつだ。それぞれがあるがままだfrom オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「自分の大切なものだけ抱きしめろ」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/25 23:03:29 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩そういうことだったのだ。あるがまま。あるがままよ。他人の評価に振り回されるな。自分の大切なものだけ抱きしめろ。それを忘れるな。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「流れを見つつ、選択し、また歩む」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/24 22:18:48 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩気持ちはわかるが抑えよう。それで何かが変わるわけじゃない。落ち着こう。流れを見つつ、選択し、また歩む。ひとつひとつ。ただそれだけ、あるがままだ。早速、昨日手に入れた新メダルで遊ぶオマエサン。快勝だったね。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「時の流れに身を任せる」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/23 22:20:20 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩時の流れに身を任せる。他人に委ねる。似ているようで違う。似たような状況でも前者と考えよう。仮面ライダーオーズの新メダルをゲット。プトティラコンボ!秋葉原の中心で、刀を振り上げる。もちろん玩具のもの。ソフトバンクショップにて。居合わせた同じくらいの男の子と遊ぶオマエサン。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「自分は人からの評価で生きるのではない」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/22 22:47:08 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩疲れた。少し休ませてくださいな。どこまで考え方を変えれるか。現実的に踏み出すために。でもね、少し疲れた。少し休ませてくださいな。自分は人からの評価で生きるのではない。私は思った。どうして私はここにいるんだと。でも、そんなことどうでもいい。これもまたあるがままにだ。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「こういう状況でこそ、そう思えるかどうか」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/20 22:43:36 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩迷うが、手は動かそう。でも、疲れたら休もう。ちょっと、私は疲れている。勢いで、二の舞、三の舞はごめんだ。いいようにされたもんだ。しかし、今の自分ならそれも有りだ。これもまたあるがまま。こういう状況でこそ、そう思えるかどうか。そう、そういうことなのだろう。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「大事なのは、どう切り抜けていくかだ」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/19 22:14:58 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩やはりというか、そこまでというか。想定内の出来事ではあるが、そこまでか。しかし、これもあるがまま。ひとつひとつ。何かあれば受け入れる。そして選択してまた歩んでいく。ひとつひとつ。早いか遅いかだけだ。本当はもっと時間が欲しかった。でも、それも含め、あるがままだ。価値や評価はいらないし、表面的な関係だ。大事なのは、どう切り抜けていくかだ。胸にある大切なものは変わらない。from オトウサン---悠詩...続きを読む

「私は、私のままに、あるがままに」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/04/18 20:24:18 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩午後から用事を一気に済ませた。役所をはさんで病院をはしご。諸事情あって、歯医者を変えた。虫歯を四つ一気に治す。麻酔の余韻が今でも残る。それにしても前の歯医者は何だったんだろう。二ヶ月程度。ただ、違う意味での収穫はあったけど。さて、前々回、更にその前の回の手紙の通りだ。「自分の世界を気分を作り出すのは自分だ」「だから、どうってことない」これぞ、あるがままだ。だから、どうってことない。私は、...続きを読む