【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「今を抱きしめて」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/28 22:35:00 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩現実が見えてくる。今の自分を知っている。だからこそ、ひとつひとつ。起きる。動く。流れる。意図に関わらず。受け入れる。選択する。また歩む。そこからまた、ひとつひとつ。大切なものと、今の自分を抱きしめて。この繰り返し。ちっぽけだけど心の蝋燭は風にも雨にも消えない。そしてとてもあったかい。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「穏やかな家篭り」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/27 21:47:38 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日は家から一歩も出なかったね。オマエサン、鼻風邪引いちゃったものね。家でゆっくりして早く治さないとね。音楽聴いたり、本読んだり、昼寝したり。お出かけも楽しいけど、たまにはこういうものいいね。オマエサンの最近のお気に入りは「ハウルの動く城」。今度は「千と千尋の神隠し」が見たいそうな。一緒に見ようね。ティッシュで鼻栓をするオマエサン。鼻水は出るけど元気だったよね。from オトウサン---悠詩(4歳...続きを読む

# 「穏やかな家篭り」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/27 21:46:00 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日は家から一歩も出なかったね。オマエサン、鼻風邪引いちゃったものね。家でゆっくりして早く治さないとね。音楽聴いたり、本読んだり、昼寝したり。お出かけも楽しいけど、たまにはこういうものいいね。オマエサンの最近のお気に入りは「ハウルの動く城」。今度は「千と千尋の神隠し」が見たいそうな。一緒に見ようね。*ティッシュで鼻栓をするオマエサン。鼻水は出るけど元気だったよね。from オトウサン---悠詩(4...続きを読む

「シャウタコンボ」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/26 22:10:48 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩昨晩は飲み過ぎた。最近は飲む頻度は激減した。だが、一回あたりが深くなる。というか弱くなった気もする。それでも昼前には起きて外の空気を吸う。オマエサンとカアサンはお買い物。大人気の仮面ライダーオーズのメダルだ。三時間も並んでぎりぎり買えたそうな。良かったね。早速、たくさん遊んだね。ちょっと風邪気味なオマエサン。気温の変化が激しいから気をつけないとね。買ったメダルを見せてくれたオマエサン。と...続きを読む

「繰り返し、繰り返し」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/24 21:49:17 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩流れはある。だが、それは自分で作っているわけではない。たとえそう思えるようなことでも。様々な人や物が複雑に重なり合って流れは生まれる。良い流れなら感謝すればいい。そうでないなら仕方ないこと。それが世間だ。社会だ。意図せずに色々と起こってしまうものなのだ。こうして「あるがまま」をきちんと意識していきたい。何かあれば繰り返し、繰り返し。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「お見通し」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/23 23:13:29 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日は不覚にもくたばって寝ていた。それも夜まですいぶんと長く、たっぷりと。寝起きに田舎の母と久々に電話。大体、お見通しといった感じだった。その通りだ。考えすぎて、細かくなりすぎて、自分に篭る。もっと、気楽でいいはずなんだ。もともとの性格はあるが、もっと柔らかかった。考え方も、言動も、表情も。さて、起きたばっかりの気もするが、もう寝よう。布団に入って目をつぶっていれば眠れそうだ。眠ることが...続きを読む

「気にしなくていい」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/22 21:54:12 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩誰も私に触れることはできない。自分の魂や大切にしているものに。朝が来て、昼が来て、夜が来て、また朝になる。季節も移り変わる。内側は誰も介入できないし、外側はうつろいゆく。そういうことなのだ。だから、もっと落ち着いていい。気にしなくていい。オマエサンが幼稚園の展覧会で作った帽子掛け。早速、家でも大活躍。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「超越する中で」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/21 23:01:18 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩週初めは時間がかかる。そうも言ってられないが。世間は、社会は自分の意思を超越している。周囲も、自分の状況も色々と変わりゆく。あるがまま。ひとつひとつだ。何かあれば受け入る。そして選択する。そして、またひとひとつ。でも、大事なものは何も変わらない。何処にいても目に見えなくても。目を閉じればいつもそこにある。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「柔道体験教室と展覧会」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/19 21:30:02 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩今日は朝からお出かけ。まず、柔道体験教室。メイン講師は瀧本誠さん。シドニーオリンピック金メダリスト。抽選だったが、運よく当たった。準備運動から大外刈りまで。一時間半、たっぷり動いたね。とても楽しんでいたね。田舎のじいじも柔道やっていたんだよ。今度、教えてもらいな。その後、幼稚園の展覧会へ。オマエサンが作った数々の作品を見る。だいぶ上手く描けるように、作れるようになったね。その身の動きも、...続きを読む

「ある程度覚悟しなきゃ」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2011/02/18 21:21:20 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩ある程度覚悟しなきゃ。色んな意味で。物事は常に動いている。私の意志や想いとは別に。頼れるものには頼って凌ぐのもありだ。割り切ったり、開き直ったりすることも。そして、それらを組み合わせよう。そう、ある程度覚悟するには必要だから。大丈夫。きっとそのタイミングはやってくる。気持ちはわかるが、それは今である必要はない。8がつくタコ焼きの日。顔なじみのタコ焼き屋さんで購入。大好物だよね。寝る前、オ...続きを読む