【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「三つの”いい”」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/30 22:20:55 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩はたまたこんな日もある。良いということではない。思ってたよりはという感じ。こんな日もある。ただそれだけだ。色々と勝手に起こるさ。予想通りにも起こるさ。でもね。やり過ごせばいい。正しくなくていい。立派でなくていい。それで駄目なら仕方ない。それもまた、あるがままなのだ。あれこれ頭で考えるのはやめよう。疲れるから。無常観でいこう。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「あるがまま」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/29 22:03:49 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩こんな日もあるよね。人間だもの。ずっとゆらゆらと揺れ動いていた。私のバイオリズムとマインドリズム。なかなか制御できない。こんな日もあるよね。人間だもの。それに、こんな時だし。やり過ごせばいい。正しくなくていい。立派でなくていい。それで駄目なら仕方ない。それもまた、あるがままなのだ。こんな日もあるよね。人間だもの。オマエサンの寝顔に癒される。嗚呼、幸せ。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(...続きを読む

「昔の音楽、そして自分」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/28 22:31:35 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩昔の音楽を色々と聴いていた。小学から大学、社会人まで。それらの音楽を背景に色々な思い出がある。そして今がある。どうも中学の時が様々な意味で分岐点だった気がする。引越しで大きく環境が変わったことが大きかったかもしれない。それが良いとか悪いとかではない。小学は純粋な古き良き思い出。高校はわりとぼやけている。大学は甘酸っぱくも必要な試行錯誤だったと思える。中学は今の自分のベースが形成された時期...続きを読む

「穏やかに、そして落葉」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/27 20:45:40 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩意識してでも穏やかに。そうありたい。何かあってもなくても波はある。何かあれば波はあっても当然かもしれない。それでも強引に穏やかでありたい。喜怒哀楽はある。人間だ。しかし、ベースは穏やかでありたい。そんな一日だった。お昼、おいなりさんに食いつくオマエサン。すっかりとお馴染みとなったチェーンのうどん屋さん。レンタル屋さんのゲームコーナーで遊ぶオマエサン。いじりたくて仕方なかったんだよね。図書...続きを読む

「昨日の置手紙」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/24 23:53:11 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩一昨日の夜のことだ。記憶の大部分が吹っ飛んだ。今朝、色々聞かされた。自分の知らない自分の数々の言動。「・・・・(汗)」といった感じ。嗚呼、歳かね。弱くなったものだ。その他にも色々要因はあるが。基本的には楽しかった?ようなので良しとしよう。でも、やっぱりこういうことは回避しよう。出来る限り。気にする必要はないが、やはり気になってしまう。だけど、気にし過ぎても仕方ない。まさしく昨日の置手紙に...続きを読む

「今という時間を私が生きている」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/23 22:03:24 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩昨日はもう終わった時間。明日はまだ始まっていない時間。今を大切にしよう。あらためてこの胸に。自分にとっての大事は他人にとっての小事。こだわりすぎたり、気にしすぎたりするのは自分。押し寄せる波があっても、自分よりずっと早く引いていく。誰もが自分の物語を持って生きている。他人にそれほど関心や興味を抱いている余裕は無い。そんなこともある。こんなこともある。あんなこともある。だけど気にするな。今...続きを読む

「無常観」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/21 20:49:25 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩無常感ではない。無常観だ。無情ではない。無常だ。咲く花は散る。やまない雨もない。受け入れるしかない。そのまんましかないんだもの。そうだよ。ぬいぐるみと絵本とミニカーで面白いことするね。カアサンの頭上で。なあ、オマエサン。公園の大きな塔の前でポーズを決めるオマエサン。ウルトラマンを発見。もちろんここでも必殺ポーズ。ウルトラマンダイナのショーを見たね。大きな声援を送っていたオマエサン。ウルト...続きを読む

「受け入れ、歩んでいく」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/20 22:03:50 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩受け入れ、歩んでいく。日々は、人生は、その繰り返しだ。起こることはすべて必然、宿命だ。大切なものを大切にしたいと思う限り。『人生は、ロマンチックでもないし、 シナリオ通りにも進まない。 かといって、あなたの人生を代わりに生きる人もいない。 だから、この人生を選ぶんです。 この人生に参加するんです。』伊藤守「今日を楽しむための100の言葉2」より私のインフルエンザ接種に付き合ってくれたオマ...続きを読む

「繰り返し繰り返し」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/17 21:54:13 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩忘れることもある。慣れないこともある。麻痺することもある。だから、繰り返し繰り返し、読み返す。繰り返し繰り返し、意識する。繰り返し繰り返し、いつもこの胸に。いつも心に花束を。from オトウサン---悠詩(4歳) with 父(36歳) and 母---...続きを読む

「いつもこの胸に」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/11/16 22:05:14 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩悩むことは悪いことじゃない。カッコわるいことは悪いことじゃない。悲しいことは悪いことじゃない。気が小さいことは悪いことじゃない。そのままでいいんだ。ぜんぶ愛すべき自分の人生なんだもん~以上「ブッタとシッタカブッダ」より~人との関係は常に流動的なものだ。誰かと仲が良いとか、あまり悩む必要もない。緊張したり、多少怖いとか、苦手だとか思うのは正常な感覚だ。その感じを受け入れることができれば、人...続きを読む