【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「こじらせた」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/31 10:04:54 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩北京でもらった風邪を、完全にこじらせた。土曜日に病院に行ったにも関わらず、轟沈。つい先ほど、また行ってきて強烈な薬を貰ってきた。早めにカバーしようとしても最近はこじらせることが多い。歳だということか。トホホ。。。from オトウサン---悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母---...続きを読む

追記有り「どんな時よりも」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/30 18:27:59 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩お天気も体調も不調である。ただ、帰国後、はじめてゆっくりできる週末でもある。同じく不調であるカアサンとオマエサンと近所をお出かけ。やはりオマエサンは私の心の太陽。三人で過す時間はどんな時よりも穏やかで安らぐよ。ありがとう。<追記>お出かけの疲れもあってか、お風呂でスネ気味のオマエサン。パパのこと嫌いなの?と聞いてみる。「会社行くから」、「帰ってこないから」と答えるオマエサン。ちょっと切な...続きを読む

「帰国、そしてノックダウン」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/29 23:18:22 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩木曜の夜、中国の北京から帰国。日々忙しく、連日の酒、短時間睡眠で、常に疲労困憊だった。しかも既に日本の真夏並みの気候。クーラーをかけ続けていたこともあり、すぐに喉をやられた。しかも、昨日の夜はお酒の機会があり、朝までカラオケ。調子に乗って普段吸わないタバコまで数本吸ってみる。結果、喉の調子が最悪に。自業自得。午前中、病院に行って最高レベルの鎮痛剤を貰う。寝不足、体調の悪さに加え、天気も悪...続きを読む

「私の沈まぬ太陽」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/22 23:15:02 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日もたくさんお出かけしたね。たくさん歩いたね。家族三人、気候と同じで暖かく穏やかな時間を過した。これがすべてのベースであり、最高でもある。矛盾はしてはない、それこそが真実だ。月曜日から中国、北京だ。数日とはいえ、オマエサンと会えないのが寂しい。オマエサンの笑顔と寝顔こそ、私の沈まぬ太陽。だが、想いを馳せればそれはいつも心の中にあるのだろう。これだけたくさんこの目に、胸に焼き付けてきたの...続きを読む

「世界で最高の寝顔」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/22 00:13:10 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩寝る前、いつもオマエサンの寝顔を眺め、頬擦りする。一日で一番穏やかで平和な時間と空間。好き好き大好き。世界で最高の寝顔。トイレにやってきたソフトバンク犬。突然しゃべるからびっくりしたよ。from オトウサン---悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母---...続きを読む

「全部おまけ」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/19 23:04:21 | 置き手紙 | コメント:1件

なあ、悠詩もう私は愛すべき素晴らしい人には全部めぐり合えた。後の人生は全部おまけ。だから、できるだけ楽しみたいものだ。from オトウサン---悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母---...続きを読む

「沈まぬ太陽」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/16 23:33:45 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩表題の小説は、数年前に読んだ。入院している時に知人に差し入れてもらったものだ。確か全五冊ほどのボリュームだったが、一気に読んだ。今日、この小説を映画化したものをDVDで見た。あらためて、人の生死や会社や仕事、大切な人やもののことを鑑みる。フラットな状態に戻れる感覚がする。そして、小説を読んだ当時のことをも思い出す。得たものも失ったものも多くある。だけどね、大切なものはいつもここにある。鑑...続きを読む

「そのままでいい」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/13 23:38:12 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩何度も繰り返し念じよう。大切にしている言葉を忘れそうなら、何度も見返そう。そう、世界は変わらない。そして私も変わらない。期待しても、されても何も変わりはしない。むしろ、諦められた方がラッキーだ。たまに背伸びしても、基本、あるがままだ。どうせ勘違いしているのなら、どうせ誤解されているのなら、そのままでいい。ここからはじめよう。from オトウサン---悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母---...続きを読む

「一番身近に」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/12 23:11:48 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩連休明けから数日、いろいろと考えてしまう。しかし、考えてばかりいても何も変わらない。考えは考えであって、私自身ではない。世界は変わらない。そして私も変わらない。期待しても何も変わりはしない。たけどね、そうであっても素敵なものや幸せはある。一番身近に。今朝、ネットでマイク・タイソンの記事を見た。トラブルメーカーかつ、浪費家と言われる彼いわく、「俺はまったくの文無しだ。 でも、素晴らしい人生...続きを読む

「勝ち負けではなく」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/05/09 16:21:13 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩小川直也という男がいる。別に彼が好きというわけではない。ただ、その脆さや孤独感になんとなく惹かれる。柔道の時も総合格闘技の時も、肝心な所で彼は負ける。周囲の期待に応えなければならない時に限って。もちろん、本人も勝ちたかっただろう。だが、最終的には勝ち負け以上に大切にしたいものがある。だから敢えてその舞台に上がる。彼がそう言っているわけではないが、そう思っている。いや、思いたいのだ。彼は、...続きを読む