【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

徒然草 「処方せん」

2010/01/31 22:17:04 | 置き手紙 | コメント:0件

風邪気味で家に篭って過ごした週末。オマエサンの元気が一番の処方せん。...続きを読む

「小松菜」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/01/29 00:08:25 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩一昨日、カアサンと一緒に児童館のイベントで小松菜を取ってきたね。物凄い量だ。早速、毎晩たくさん食べることに。でも美味しいし、きっと飽きないよ。オマエサンとカアサンが取ってきたものだもの。いつか自分たちの畑を持ってみたいね。晴天の中、小松菜を手にするオマエサン。でも、土いじりの方が楽しかったとのこと。これが収穫のすべて。喜んで毎日たくさん食べるよ。ありがとう。from オトウサン---悠詩(3歳) wi...続きを読む

徒然草 「ピース」

2010/01/24 14:32:37 | 置き手紙 | コメント:0件

風邪気味なオマエサン。でも元気にピース!それでこそ我が太陽。...続きを読む

「オアシス、そして願い」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/01/24 00:03:14 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩我が家こそ私が私になれるオアシス。背伸びも方便も必要ない。休日になる度に感じる。時が止まればいいのにね。色んな面で私は変わってしまった。望む望まないは別として。いや、変わったのではなく、失ったのかもしれない。それさえも過程であり、糧ということだろうか。つまり、実は何も変わってないし、失ってもいないということだ。すべては表面的でしかなく、自然の流れでしかないということか。そうであって欲しい...続きを読む

徒然草 「世界で一番の寝相」

2010/01/20 00:36:16 | 置き手紙 | コメント:0件

私の大切な、世界で一番の可愛い寝相。大体こうやって寝ていることが多いんだよ。さあ、手を繋いで一緒に寝よう。大丈夫。まっ暗にはしないよ。それに何時だって心の灯火は側にあるから。なあ、オマエサンよ。...続きを読む

「どこまでいっても私は私」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2010/01/19 00:23:24 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩どこまでいっても私は私。私なりに歩んでいくしかないのだろう。どうなるか想像はできても現実ではない。想像の翼を広げ、羽ばたいても、それは「今」でも「現実」でもない。どこまでいっても私は私。もうそれは仕方ないが、そんなに悪いことではないよね。それでも素敵な人や物事は私にもそれなりにあるから。from オトウサン---悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母---...続きを読む

徒然草 「心の拠り所」

2010/01/17 15:16:45 | 置き手紙 | コメント:0件

昨日、たこやきを食べた後、昼寝するオマエサン。カアサンと仲良く手を繋いで、ぐっすり。私の心の拠り所だ。...続きを読む

徒然草 「たこやき」

2010/01/17 15:10:25 | 置き手紙 | コメント:0件

昨日、銀ダコをむさぼるオマエサン。てりたま味を五個、一気だったね。...続きを読む

徒然草 「さんぐらす」

2010/01/16 11:15:15 | 置き手紙 | コメント:0件

録画していたガッチャマンを見るオマエサン。トウサンはもっと寝たかったが、目が覚めちゃった。オマエサンの声が隣から聴こえてきたからかな。可愛いね、オマエサン。...続きを読む

徒然草 「宝物」

2010/01/13 01:27:13 | 置き手紙 | コメント:0件

それはオマエサンだよ。いとおしくて仕方がない。...続きを読む