【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「徒然なるままに」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/04/26 16:55:44 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩物事は「相性」「流れ」「タイミング」だ。一喜一憂するのでなく、地に足をつけ、冷静でいよう。理解されることは難しいが、理解しようとすることはできる。いつだって基本は変わらないのだ。なあ、オマエサン。よくしゃべるようになったね。いっぱい飛び跳ねるようになったね。三人でのお出かけが、私にとって何よりも楽しい時間。オマエサンとカアサンの元気が、私の源泉。私も元気よくいきましょう。警察博物館にて。...続きを読む

「オマエサンという太陽」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/04/19 23:03:01 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩修行の日々である。己を省み、精進しよう。オマエサンという太陽が、足元を照らしてくれる限り。ばあばからもらった積み木で作った芸術?作品。船かな?最近は高く積むのではなく、横に広げるのが楽しいみたいね。屋上遊園地で、園内を走る汽車を見送るオマエサン。観覧車とトランポリンが気に入ったようだね。なあ、オマエサン。ありがとう。from オトウサン---悠詩(2歳7ヶ月) with 父(34歳) and 母---...続きを読む

「さくら咲く、さくら散る」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/04/07 22:14:11 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩反省、反省の日々だ。しっかり自分で背負っていかなきゃね。今をしっかりと自覚して、頑張ろう。さくらが満開の笑みを浮かべている。でも私にはオマエサンとカアサンの笑顔がすべての源泉。その笑顔が咲き続けるように、頑張ろう。さくらは咲く。さくらは散る。でも、また次の季節の花が咲く。一体、どんな花が咲くのだろう。鮮やかでなくても不恰好でもいいから、力強く咲けばいい。可愛い可愛い私の愛しきオマエサン。...続きを読む