【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「1月の終わりに」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/31 22:41:28 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩早くも1月が終わり行く。個人的にはとても慌しい一ヶ月だった。色々と思いを巡らせ、基本的なスタンスは決まった。ただ、それを貫き通すのはなかなか難しい。しかし、それもまた人生勉強だ。積み重ねの中で固めていくしかないのだろう。そう、全方位でいこう。だが、しっかりと地に足をつけよう。守るべきものが、いや守りたいものがあるから。それを意識して、歩んでいこう。そう、しっかり落ち着いて。先週の日曜のオ...続きを読む

「元気がいちばん」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/25 23:56:35 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩もう完全にインフルエンザは治ったようだね。いつぶり返すかビクビクしていたけどもう大丈夫かな。昨日と今日、オマエサンが大好きな散歩にも行けたね。家の中でうずうずしていたからか、たくさん動いたね。やっぱり元気がいちばん。自然とたくさんの笑顔が咲き誇る。そう、元気があればどうにでもなるのさ。物事など、なるようにしかならないと達観できる。どうでもいいことをどうでもいいと思えるのだ。時は流れ、すべ...続きを読む

「油断しないように」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/20 22:10:10 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩インフルエンザのオマエサンが心配で早々に帰宅。玄関のドアを開けると元気な声が聞こえてきた。「パパ! パパ!」と。どうしたの?ずいぶん元気じゃない。というか普段のオマエサンそのものだ。聞けば昼過ぎからは熱もなく、食欲もあるとのこと。まるで治ったかのようだ。いや、そんなはずはない。三日間は寝込むと言われたのだから。油断しないように養生しようね。昨日、病院でインフルエンザの検査をした時のもの。...続きを読む

「インフルエンザA型」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/19 23:35:40 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩私のことではない。オマエサンだ。可哀想にぐったりして。今日は午後半休で、用事を済ませて合流するはずだった。昼過ぎにカアサンからメールが入った。オマエサンが朝食後からぐったりして病院に連れて行ったと。するとインフルエンザA型ということだったらしい。トウサンも午後の用事を無事に済ませてすぐに家に帰った。いつも明るくて元気なオマエサンがうつろな目でぐったり。可哀想で可哀想で涙がこぼれそうになっ...続きを読む

「五分五分で臨む」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/17 23:17:06 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩『東の番付』・開き直る・見回す・仕掛ける『西の番付』・割り切る・諦める・我慢するとはいえ、勝ち負けを競うのではない。常に五分五分で臨むということだ。結果は結果でしかなく、それで本質は変わらない。経緯、過程こそが本質を豊かにする糧だと信じたい。何度も何度もそう言い聞かせよう。目の前のことに惑わされず、常に内側を見つめよう。揺らぎそうになった時には、そっと胸に手を当てて。昨晩、昨年も足を運ん...続きを読む

「コントロール」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/15 22:23:44 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩外側と内側を巧妙にコントロールするのは難しい。どうしても互いに影響を受けやすい。意識してどこまで切り分けられるかが課題だ。やはり切り分けられないという結論もあろう。昔からアドリブはまったく利かない方だ。むしろ石橋を叩きまくって歩んでいくタイプなのだ。だから普段も考え込んでいる時間、場面が多い。この長く付き合ってきた性格が嫌いではない。突破力はないが、慎重な分、視野は広いつもりだ。空気も割...続きを読む

「賽は投げられた」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/13 23:19:47 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩寒いのは苦手だ。それだけで自分の内側にこもりがちになってしまう。その分、じっくりと自分と向き合って考えることはできるが。暑いほうがいい。たとえ体は消耗しても、心は開放的だ。様々な価値観にも柔軟になれる(自分のたがも外せる)。同じことでも季節で判断が異なってくるような気がする。どっちが良いとか悪いではなく。それも宿命か。ただ、寒くてもオマエサンとカアサンがいる家はあったかいな。まさしく心の...続きを読む

「全方位でいこう」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/12 23:10:21 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩色々と思いをめぐらせた一週間だった。試行錯誤しながらああでもないこうでもないと。情けない思いをしたり反省しつつ、ある程度見えてきた。「線」となりうる様々な「点」が。だからこうしよう。1.開放しよう(自分の中では堂々と)。2.割り切ろう(自分の外では黙々と)。3.ただ、その前提は作っておこう。これにて全方位で動けるようになる。しかし、昨日も書いたが、いずれにしてもそれ自体が本質ではない。だ...続きを読む

「本質のありか」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/11 23:55:50 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩やはりお休みは楽しいな。三人でおでかけ楽しいな。昨日も今日もいっぱい遊んだね。遊んでくれてありがとう。平日の充実のために休日があるのではない。休日の充実のために平日がある。そんな理想を抱き続けたいものだ。働く時間が長い平日の中でに埋没したくはない。今日の夜、以前録画していたドキュメンタリーを見た。少し迷っていたり本質を取り戻したい時にたまに見る。もう何ヶ月ぶりだろうか。ちっぽけなことだと...続きを読む

「インターバル」・:*:・゚☆ たくましき君へ

2009/01/07 22:03:24 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩バックステップのあと、すぐにインターバルへ。わずかな時間で出来る限り呼吸を整える。それと平行して、次はどう展開させるかを考える。セコンドの声にも耳を傾ける。足を使うのは変わらないが、フェイントを入れてみるか。その反応次第かな。from オトウサン---悠詩(2歳3ヶ月) with 父(34歳) and 母---...続きを読む