【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「今年の終わりに」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/31 23:56:17 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩昨年からの治療、療養を引き継いで始まった年だった。春には事実上の完治まで持っていくことができた。夏には一度書いてみたかった小説を書ききった。秋には社会復帰した。そしてこの冬、新しい年をようやく元の形で迎えられそうだ。失ったものがたくさんあった。だけど得たものもたくさんあった。いや、得たのでなく気づいたというほうが正確か。いずれにせよ、それらは全部必要なことだったのだろう。大切にしたいもの...続きを読む

「サンタさん、来たね」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/25 23:25:36 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩サンタさんから素敵なプレゼントを貰ったね。朝、枕元にあるのに気づかずに隣の部屋に行っちゃったけどさ。呼び戻してようやく何かがいつもと違うことに気づいたオマエサン。何かな何かな~これが昨晩、ぐっすり眠るオマエサンの枕元に届いたプレゼント。サンタさんの足音に気づかなかったようだね。包装紙をびりびりと破って早速、遊び始めたオマエサン。新幹線のプラレールと働く車のおもちゃだったね。どっちも大好き...続きを読む

「クリスマスイブ」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/24 23:44:12 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日はクリスマスイブだね。昨日は「しまじろう」のクリスマスコンサートに行ったね。会場までは電車でおよそ一時間。多くの電車と行き違った。オマエサン、大好きな電車がたくさん見られて良かったね。前回のコンサートよりも集中して見て聴くこともできたよ。成長していることを実感できて嬉しかった。サンタの格好をしていたからか、たくさん声をかけられたね。綺麗なおねえさん達に「かわいい」って言われて良かった...続きを読む

「クリスマス会」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/21 23:52:01 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日はクリスマス会に行ったね。簡単に写真で振り返ってみよう。サンタの格好で準備万端なオマエサン。ちょっと窮屈なのでこの服は今年が最後だね。お友達の真似をして倒れこむオマエサン。楽しいの?一番前を占領して紙芝居を見るオマエサン。でも隣のお友達の方が気になるようだね。サンタさんの動きに合わせてジャンプするオマエサン。一番サンタさんにまとわりついていたよね(笑)9月の会でお尻を触ったお姉さんが...続きを読む

「初デートの街」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/20 22:36:18 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日は三人でお出かけしたね。トウサンとカアサンが初めてデートした街だ。あれはもう12年くらい前のことかな。建物から建物へとたくさん歩いたよ。トウサンとカアサンは疲れきったよ。オマエサンは抱っこばっかりで楽だっただろうけど。それでも、やっぱりトウサンとカアサンは楽しかったよ。以前にも書いたが、こういう疲れは悪くない。むしろ心はリフレッシュする。ありがとう。行きの電車の中でのオマエサン。最近は...続きを読む

「ディフェンシブ」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/18 22:10:19 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩私は防御こそ最大の攻撃と思っている。そのスタンスで生まれるものこそ真実に近いものであるとも。基本は、サッカーでいえばカウンター。ボクシングでいえばアウトボクシング。凡戦になりやすいし、観客受けも悪いかもしれない。だけどそれが私のスタイル、生き方。どこまでいっても私は私。そんな自分は嫌いじゃないし、大切なものも見つかった。だから、それで駄目なら仕方ない。from オトウサン---悠詩(2歳3ヶ月) wit...続きを読む

「大地と大空、内側と外側」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/16 22:40:50 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩大地に足をつけ、大空に両手を広げよう。外側に惑わされず、内側の価値観と視点で受け止めよう。話は変わる。国仲涼子と加藤ローサは素敵だ。ん? 少し似ているかも。from オトウサン---悠詩(2歳3ヶ月) with 父(34歳) and 母---...続きを読む

「結婚記念日(5周年)」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/14 22:28:38 | 置き手紙 | コメント:5件

なあ、悠詩今日はトウサンとカアサンの結婚記念日だ。5周年になる。あっという間というような気もする。だけどまだそんなものかという気もする。確かなこととして、私たちはオマエサンという宝物を授かった。そして新しい生き甲斐を手に入れ、親の愛情も知った。ありがとう。ただ、すべてはカアサンと出会ったことから始まったんだよ。なんだかんだで好き勝手やっている私を理解してくれる存在。特に昨年は大きく迷惑をかけてしま...続きを読む

「河川敷」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/13 23:56:25 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩昼前、カアサンは美容院へと出かけていった。オマエサンはトウサンとふたりで散歩に行ったね。電車で数駅、とても大きな川の河川敷だ。ここに来たのは夏の終わりだったね。オマエサン、だいぶ活発になったし、言葉も増えたね。私はどうだろう。あの時の自分、今の自分、そんなことを考えざるを得ない。草や土、石の上と、どこら中を遠慮なく駆け回るオマエサン。橋の上をしょっちゅう行き来する電車を眺めるオマエサン。...続きを読む

「だったら、いいよね」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/12/12 23:08:24 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩もしかして私が勘違いしていたのだろうか?そういうことならそれでもいいけど。まともに考えるだけ損するような気がしてきた。だったら、いいよね。なあ、オマエサン。結局、それだけのことに過ぎないということか。それぞれが。だったら、いいよね。なあ、オマエサン。大切なものを守るという意味、ひとつでなく色々あるよね。さて、カアサンと三人で楽しく週末を過ごそうね。何して遊ぶ? 何処に行く? 楽しみだな。...続きを読む