【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「ふたつの大きな区切り」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/07/31 23:54:14 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩大きな区切りとなった7月の終わりとなった。・9月からの社会復帰先の確定・予定通り公募に小説提出この数日でこのふたつをまとめて終えることができた。嬉しいという感じではなく、安心した。社会復帰については、最終的には二択となった。どちらともこれまでの業界とは異なる。さらにそのふたつもそれぞれ業界が大きく異なる。最終的にその片方に決めたのだが、今日、もう片方から熱烈なラブコールを頂き、少しだけ揺れ...続きを読む

「7月中盤」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/07/17 19:29:24 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩秋以降の社会復帰に向けて、少しずつだが動いている。いやはや、社会勉強だ。・ぶれたら戻す。・求めない。・相性、タイミング、流れで物事は進んでいく。この三つを、肝に銘じよう。自分にとって何が一番大事なのか忘れないようにしよう。小説は、おそらく月末に提出する。もはや内容の充実よりも、提出することが目的になりつつある。だが、できればここで一旦、区切りをつけたい。自己満足できなくとも。そして今後、...続きを読む

「7月、そして優先順位」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

2008/07/01 23:54:57 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩7月に入った。さあ、頭を切り替えよう。まず、・今後の生活について・オマエサンとカアサンと過ごす時間を優先させたい。その次に、・自分の趣味(今は小説書き)としたい。昨今、実力も経験もないくせに意地になって趣味に没頭していた。でも苦しいだけで楽しくなかった。そして進まなかった(苦笑)だから少し距離をとってみようと思う(止めるのではなく)。きっとそのほうが良いものができるような気がする。だから...続きを読む