【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「帽子、そして児童館」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/28 23:16:21 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩暑いには暑いが少し落ち着いた感もある。正直、病院の行き来がつらかったので助かったよ。髪の毛は少しずつだが順調?に抜けて続けている。髪が伸びているので本当は美容院に行きたかった。だがあまりに抜けるのも美容師が不安がるので保留。今日、帽子をふたつ買ったよ。カアサンに似合うかどうかチェックしてもらったんだよ。今日はカアサンとオマエサンは児童館におでかけしたね。最近ちょくちょく行ってるね。ふたり...続きを読む

「抜け毛 ~副作用~」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/27 00:07:56 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩髪が抜けてきた。これも治療の副作用である。個人差はあるものの典型的な副作用のひとつだ。抗ガン作用もある強い薬だから。カアサンに最近、毛がよく落ちていると言われて気がついた。枕元をみるとたくさん抜けている。それに洗面台で頭をはたいてみるとパラパラと落ちる。シャンプーの時も結構抜けている。悲しい。ホロホロ、、、見た目にはまだ薄くなった感じはない。ただこのペースで順調に抜けるといずれ目立つかも...続きを読む

「田舎にて」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/25 02:31:55 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩田舎から戻ってもう一週間たったね。じじとばばにいっぱい可愛がってもらったの覚えてるかい。たくさん準備もしてくれていたんだよ。感謝しなきゃね。 田舎の海はどうだったかい?はじめて海に触れたんだよ。 オマエサンの小さな足跡。どんどんおおきくなぁれ。 たらいのプールだよ。網で使う浮きを手にするオマエサン。 嬉しそうに座るオマエサン。座り心地はばつぐんさ! 車もあって至れり尽くせりだね。この次はひと...続きを読む

「石原さとみ」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/21 23:58:21 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩最近、石原さとみが気になる。まず、まゆげとくちびるが素敵だ。前者はゲジゲジであり後者はプニプニだ。しゃべらないとおとなしそうにも見える。だけど素はわりとキャピキャピ?のようである。そのギャップがよい感じだ。ずば抜けて美人でも可愛いというわけではない。スタイルだって特筆すべきものはない。だけどなぜか彼女にひかれるのだ。おっこーん!【小説「源平咲き」35,344文字(原稿用紙89枚目)執筆中】from ...続きを読む

「ダウン」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/18 17:33:53 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩田舎は楽しかったかい?じいじとばあばにいっぱい可愛がってもらえてよかったね。はじめて海にも触れたね。これらはまた別の日にゆっくり書くとしよう。ここ数日はとても暑かった。そんな中、私は昨日の夜は凍えていたのだ。猛烈な寒気に襲われた。副作用による発熱である。すぐに長袖に長ズボンで掛布団にくるまって横になった。この猛暑では考えられないがそれほど寒かったのだ。もともとこの数日、バテ気味で体調は下...続きを読む

「田舎、そして海」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/13 22:04:30 | 置き手紙 | コメント:1件

なあ、悠詩明日、田舎へ行くんだよ。私の治療の都合もあってちょっとの間だけどね。飛行機は好きかい?明日でもう五回目だね。今度もおりこうさんにできるかな。じいじとばあばに可愛がってもらえるといいね。潮風にふかれてたくましくなれ。まだ無理だけどはやく海にも入れるようになるといいね。そうしたら一緒に泳ごう。オマエサンを授かったきっかけも海だった。透き通る海と白い砂浜からはじまったのだ。きっと、海はオマエサ...続きを読む

「積み重ねと白紙部分」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/12 22:54:27 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩前回、前々回と少し振り返ったみた。あらためて見てみると少しくどいな。夜に書くとやはりそうなりがちだ。もともと自分に酔う?傾向があるのは自覚しているが、、、ただ、表現は別として必要なことなのだ。あのように書くことによって己を整理し確認したいのだ。人間が弱いから自分にいいきかせないとふらついてしまう。だがきっとその時、その時で考え方も変わっていくのだろう。真逆に変節することもあるかもしれない...続きを読む

「補足しつつ広げる」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/12 00:14:40 | 置き手紙 | コメント:1件

なあ、悠詩暑かった。病院への往復だけで溶けそうだった。前回の手紙で断片的だが過去を少し振り返ってみた。http://milky01.blog50.fc2.com/blog-entry-379.html少し補足しつつ広げてみよう。あの頃は懐かしい思い出深いが、戻りたくはない。今の記憶のままやり直したいかと問われてもそう思わない。終わったことはもう終わりでいい。なぜならもう終わっているからだ。未練も後悔もあるがもう終わったことだ。あれからそれなりに...続きを読む

「振り返る②」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/10 00:41:50 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩振り返るシリーズの第二弾だ。第一弾は下記。http://milky01.blog50.fc2.com/blog-entry-364.html病院のバスの中で浜崎あゆみの「SURREAL」を聴いていた。特に彼女の曲を好んで聴くわけではないが思い出深いのだ。そう、もう六年ぐらい前になるのかな。社会人として三社目の会社に入ったばかりだった。当時、深く考えず腰掛けのつもりで入った会社でもあった。急成長していた業界だったが、正直、全く詳しくなかった。甘...続きを読む

「大丈夫 、そして夏川りみ 」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2007/08/08 00:15:14 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩昨日、治療の副作用でいらいらすると書いた。しかし病状が悪いというわけでは決してない。検査の内容(数値)は良く順調ともいえる。しっかり薬で押さえ込めているといえる。今の発熱やだるさ、いらいらはあくまでも副作用だ。病気によるものではない。治療が終われば基本的にそれらもなくなる。薬なしでも今のように押さえ込むのが最終的な目標。といように状況や理由はよく把握しているので大丈夫。それに常にいらいら...続きを読む