【置手紙】息子よ 君に伝える父の足跡

「ドスン!から学ぶ」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/29 19:54:50 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日はオマエサンにかわいそうなことをしてしまった。そしてオマエサンに教えられたことがあるんだよ。ソファの上で横になっていたオマエサン。最近は運動量も激しくてクネクネ動くから縦や横にどんどんズレていく。ふと気を抜いていた時だ。ドスン!はっと気づくとソファから転落。ギャー!とオマエサンは思いっきり泣き出す。トウサマもカアサマもびっくり。結局、何の大事もなく抱くとすぐに泣き止んだ。良かった、、...続きを読む

「コツコツと力強く」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/26 23:48:55 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩種類や規模が異なることを複数抱えると優先順位に苦労する。私という人間はシングルタスクなので平行作業が苦手であり遅い。よく言えばコツコツやるタイプ、そういうことにしておこう。話は変わる。お風呂に入れてあげたんだよ。前と違ってオマエサンずいぶん落ち着いてるね。腕や足、首などの間接部分に汚れがたまりやすい。綺麗にしてあげたいのだが力が強くてなかなか開かない。ずいぶん重く力強くなったもんだ。良い...続きを読む

「味方と英語」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/25 23:32:11 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日は一日なんだかせつなかったよ。人に囲まれながらも孤独を感じた。海の向こうの事だ。雑な言い方だが味方が欲しいな。嗚呼、ひとりぼっち。なーんて。まあ色々やっているとそう感じることもあるさ。大丈夫。英語も大事だね。周りには日本語、中国語、英語の三ヶ国語を使いこなす人もいる。大いに尊敬するよ。それだけで十分凄い。トウサマは日本語すらあやうい、、、今日も自分でしゃべりながらそう思った。家に戻っ...続きを読む

「落ち葉と変化」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/23 23:57:08 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩だいぶ視線が合うようになってきたね。そういう変化がとても嬉しい。可愛くて仕方がない。この想いがいつまで続くものなのだろうかと心配する程だ。生まれる前、生まれたばかりの時よりどんどん大きくなる。思ってもみなかった。自分にこんな部分があるなんて。トウサマはどうだろうか。何か変わっていくのだろうか。それとも変わらなければならないのだろうか。葉が移ろいで散りゆく様をふと思い浮かべる。from オトウ...続きを読む

「物語を紡ぐこと」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/22 23:10:59 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩「源平咲き」という題名で物語を作っている。もう半年以上前からアイディアレベル、落書きレベルで文に残している。源平咲きとは一つの株から白と桃色の花が咲くことである。その意味は物語の内容に繋がる。http://www.ne.jp/asahi/kumagaisan/flowers/genpeimomo.htm物語を作ることで体一つで様々な人生を体験できる。物語に触れることで人は出会わずとも繋がっていける。それは尊く素晴らしいこと。どんどん成長してい...続きを読む

「親というものと想い」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/19 20:00:46 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩異国での日々が続く。その一コマがこちら。http://kkpf.9.dtiblog.com/blog-entry-722.htmlこんな異国でオマエサンの写真をふと眺める。親になったという時間が徐々に湧いてくる。親という立場に立って少しだけわかったことがある。私は自分の親に対してだいぶ不義理な言動をしてきたなと思うし今もしているのだと。でもそれは親だからこそできるという矛盾もある。しかもそれは一方的であって理解してもらったり納得し...続きを読む

「異国でのPC、そして想い」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/17 23:59:15 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今、隣の国にいるんだ。いきなり持ち込んだノートPCがお腹をこわしてしまったよ。ネットはPCを問わないが、個人の設定とデータはPCの中にすべてある。うーん、厳しい。なんとかなる範囲でなんとかするしかない。個人の設定やデータすべてが(PCの中でなく)ネット上で管理でき、PCはそれにアクセスする道具でしかないという時代も近いと思う。こういう事態に遭遇するとそれの意義を強く感じる。話は変わる。電話で聞いた...続きを読む

「お宮参り」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/14 23:43:00 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩今日はお宮参りに行ったね。朝は子供専門の写真館だったね。完全に寝てしまってカメラマンのお姉さんをずいぶん困らせたね。くすぐってもつついても声をかけても何をしても全然起きないんだもの。目を開けるチャンスがなかなか訪れず三時間弱もかかっちゃたね。一瞬起きてもしかめっ面なんだから、、、でも最後はよく目を開けて頑張ったね。とても素敵な写真がとれたよ。その後、そのまま神社に行って祈祷してもらったね...続きを読む

「秋の浪漫と身体測定」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/12 23:07:09 | 置き手紙 | コメント:2件

なあ、悠詩やはり秋は黄昏の季節なんだよね。しんみりとした気分になる。彩られた葉が最後には散っていく時期でもある。「咲くために散る」、大好きなフレーズだ。浪漫を感じる。やはり四季があるのは良いことだ。侘び寂があっていい。人間もそうだから。さて、話は変わる。オマエサンの一ヶ月検診での身体測定値についてだ。体重が生まれた時の2584グラムから3680グラムへ。身長が生まれた時の48センチから51.6センチへ。胸囲と頭...続きを読む

「変わりゆく価値観」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

2006/10/11 23:15:34 | 置き手紙 | コメント:0件

なあ、悠詩オマエサンが生まれて少し価値観が変わりつつある。前より人に寛容になれる気がする。子を残すことは社会貢献だという考えもしなかった感覚も出てきた。何の為に働くかという価値観も大きく変わっていく実感がある。これらは驚くほど大胆かつ突然に。平凡になっていくような気もするが、実はより物事の本質に近づいているのかもしれない。色眼鏡を外してもっと純粋に物事を受け止められるような気がする。もっと有りのま...続きを読む